2011年07月31日

インターネット

どぉも僕です(--)


インターネットという物は便利ですねぇ。。。


色んな人と繋がっていて


情報交換(収集)や


買い物・ゲームブティックファーストフードプレゼント


さらに友達作りまで出来てしまうあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


上記以外にも様々な使い方があるし


活用しないのは絶対損ですよねぇグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


とはいっても活用するにも難しくて一筋縄ではいきませんけどたらーっ(汗)たらーっ(汗)


やっぱり最終的には使う人次第って事なんですねわーい(嬉しい顔)


posted by 営業・配膳スタッフ at 11:06| 東京 ☔| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

天台宗とはどんな宗派なのか

中国の南北朝末期の高僧・(ちぎ)は、膨大な数の仏典の分類・整理を通して、『法華経(ほけきょう)』(妙法蓮華経・みょうほうれんげきょう)を、仏教の最高の真理を説いた経典と見て、高く評価するのだった。

『法華経』の中には、次の様な考えが示されている。
すなわち仏陀となる為には従来、声聞乗(しょうもんじょう)、独覚乗(どっかくじょう)、菩薩乗(ぼさつじょう)の三乗(三種の実践方法)があるとされてきた。

その道場が天台山にあった事から、“天台宗”と呼ばれた。

この天台宗を日本にもたらしたのが、いうまでもなく伝教大師(てんきょうだいし)・最澄(さいちょう・767〜822年)である。

0729.jpg

最澄は804年に唐に渡り、天台山で円教(えんぎょう)の教義を伝授され、同時に密教や禅や戒律(かいりつ)も学びとって一年後に帰国し、比叡山(ひえいざん)に延暦寺(えんりゃくじ)を開いて、「日本天台宗」を創始した。

中国の天台宗と異なって、日本の天台宗は『法華経』を教えの中心としながらも、密教・戒・禅、更には念仏なども加えた“総合仏教”の趣をもっている点に特色がある。

具体的にいうと、密教との結びつきを強めて「台密(たいみつ)」と呼ばれる流派を成立させたり、鎌倉時代の新しい宗派(浄土、禅、白蓮)の母胎となったり、平安・鎌倉を通して日本の仏教の中心として、常にダイナミックな動きを続けた宗派である。

ちなみに日本の天台宗を発展させたのは、唐で天台宗の奥義をきわめた創始者・最澄、最澄の後を受けて「台密」を完成させた円仁(えんにん)、阿弥陀仏信仰の最初の提唱者・源信(げんしん)、この三人の名僧達である。

次回は、真言宗」について紹介したい。手(グー)

  営業部・配膳課 Y.K.

posted by 営業・配膳スタッフ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | 宗派とは何かシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

とれたて

きゅうり

とまと

ピーマン

なす

とれたての野菜たちをNシェフにご馳走になりました。

しかも、軽く洗っただけ

みそをつけて

丸ごと!

その味といったら!

生きていてよかった!

そのくらいおいしかった!

なすは果物のよう

ピーマンは甘い!!

Nシェフ!ご馳走様でした!(城)
posted by 営業・配膳スタッフ at 17:03| 東京 ☀| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。